フカマ施療院

骨盤矯正で腰痛解消!仙腸関節を正常化する整体院の効果とは?

お問い合わせはこちら

整体院の骨盤矯正で腰痛解消!仙腸関節を整える必要性とは?

整体院の骨盤矯正で腰痛解消!仙腸関節を整える必要性とは?

2023/12/28

腰痛は、現代人にとって身近な症状です。しかし、その原因は様々で、解決策もそれぞれ異なります。ここでは、骨盤矯正が腰痛解消に効果的な理由を紹介します。仙腸関節を整える必要性についても触れ、痛みを抱える方にとって有用な情報を提供します。

目次

    腰痛の原因は仙腸関節?

    腰痛は、現代社会では非常に多くの方が抱える症状の一つです。その中でも、仙腸関節の不調が原因で発症するケースがあります。仙腸関節は、仙骨と腸骨を結ぶ関節で、骨盤の安定を保つとともに、身体の重心を支える役割があります。この仙腸関節が歪んだ状態になると、身体の重心バランスが崩れて、腰痛を引き起こすことがあります。また、長時間同じ姿勢で座り続けることによって、筋肉の緊張や骨盤の歪みが生じ、仙腸関節に負荷がかかって腰痛を引き起こす場合もあります。当整体院では、仙腸関節の歪みを骨盤矯正で整えることで、腰痛の改善や予防に効果的な手助けをしております。

    骨盤矯正で腰痛解消するメカニズムとは

    骨盤矯正とは、骨盤の歪みを正すことによって仙腸関節のバランスを整え、さまざまな不調を改善する整体法のことです。特に腰痛は、骨盤が歪むことによって生じることが多く、骨盤矯正によって症状が改善されるケースが多くあります。 骨盤矯正によって腰痛が解消されるメカニズムは、骨盤の歪みを正すことによって仙腸関節のバランスが整い、腰周りの筋肉や神経の状態が改善されることにあります。骨盤が歪むと、腰周りの筋肉が緊張し、血流や神経の伝達にも影響が出ます。そのため、骨盤矯正によって骨盤の歪みを正し、腰周りの筋肉や神経の状態を改善することで、腰痛が解消されるのです。 また、骨盤矯正によって身体全体のバランスが整うことにより、腰痛の原因となる姿勢の歪みも改善されます。例えば、O脚やX脚などの歩行姿勢の歪みがある場合、骨盤が歪み、余分な負担がかかってしまいます。骨盤矯正によって姿勢を改善することで、腰への負担が軽減され、腰痛も改善されます。 骨盤矯正には、整体院で施術を受ける方法のほか、自宅でできるストレッチや体操などもあると言われています。しかし、自己流で行う場合には、逆に症状を悪化させてしまうこともあるため、整体院でのプロの手技で安全かつ効果的に施術を受けることをオススメします。

    どのような方が骨盤矯正で効果を実感できるのか

    骨盤矯正は、腰痛や股関節痛など身体の不調を改善する一つの方法として注目されています。効果を実感できる方には、一日中同じ動作で仕事をする必要のある方や、なんらかの病状により歩行による負荷が大きい方、スポーツをされている方が挙げられます。 また、妊娠や出産、子育などの、いわゆる産後に骨盤が歪んでしまった方も骨盤矯正で改善することができます。加齢による姿勢の変化や、長時間のデスクワークで姿勢が崩れがちな方も、骨盤矯正によって体のバランスを整えることで、不調を改善することができます。 しかし、効果は個人差があり、一度の施術で完全に改善されることもあれば、継続的な施術が必要な場合もあります。自分自身の身体状況を把握し、適切なペースでの施術を受けることが大切です。整体院でプロの手技による骨盤矯正を受け、快適な身体を取り戻してみませんか。

    骨盤矯正で得られる健康効果を維持するために必要なこと

    骨盤矯正を受けることで、身体の歪みが改善され、様々な健康効果を得ることができます。しかし、その効果を維持するためには、日常生活でのケアが大切です。 まず、姿勢に気を付けることが重要です。正しい姿勢は、骨盤の歪みを防ぐだけでなく、身体のバランスを整え、血流や神経の働きを促します。デスクワークをするときは、椅子の高さやキーボードの位置を調整して正しい姿勢を保ちましょう。 また、ウォーキングの習慣を身につけることもオススメです。適度なウォーキングは、骨盤を支える筋肉を鍛えるたり、仙腸関節に潤滑を与えることが出来るため、骨盤の歪みを防ぎます。さらに、良質な睡眠やマッサージなど、身体をケアすることも行いましょう。睡眠時は傷んだ身体を修復する成長ホルモンが分泌されますし、疲れた筋肉をほぐすことで、血流が良くなり、筋緊張による歪みを防ぐことが出来ます。 以上のように、骨盤矯正の健康効果を維持するには、日常生活での姿勢や運動、身体のケアに気を配ることが必要です。整体院での施術と合わせ、健康的な身体作りに取り組んでいきましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。