フカマ施療院

「成長痛」は膝蓋骨腱炎?整体院のアプローチで改善しよう

お問い合わせはこちら

その膝の痛みは成長痛?オスグットと膝蓋腱炎の違い

その膝の痛みは成長痛?オスグットと膝蓋腱炎の違い

2024/01/25

子供が成長する過程で現れる痛み、成長痛は、突然始まり突然止まるといった特徴があるため、どう対処したら良いのか、判断に迷うことも少なくありません。特に、成長痛の1つであるオスグットとジャンパー膝と呼ばれる膝蓋腱炎のように、痛みを感じる部位が似たような症状は、素人目では判断が難しいものもあります。整体院では症状にあわせたアプローチをすることで、改善が期待できます。本記事では、オスグットと膝蓋腱炎の違いなどについて、柔道整復師の国家資格を持つ整体院の専門家の見解を紹介します。

目次

    オスグットとは

    オスグットとは、正式にはオスグット・シュラッター病と言い、主に骨の成長が止まる年齢までに見られる脛骨粗面部の痛みを指します。成長痛の1つで、成長に伴い、身体が発育していく過程で激しい運動を繰り返すことで、脛骨粗面の軟骨部分が大腿四頭筋の収縮する力で引っ張られて炎症を起こすために引き起こされると考えられています。主な症状としては、運動痛、圧痛、脛骨粗面部の隆起などがあります。オスグットに限らず成長痛は、特にスポーツをしている若者に見られることが多く、主に過剰な運動が原因となります。また、身体の歪みなども原因に挙げられます。整体院では、オスグットに対して筋肉マッサージや身体のバランスを取るための骨盤などの関節調整、適切な運動指導などを行い、筋肉や骨格のバランスを整え、痛みや不快感の軽減や解消を目指します。

    膝蓋腱炎とは

    膝蓋骨腱炎とはジャンパー膝とも呼ばれ、膝の前面にある膝蓋骨の下にある膝蓋腱が炎症を起こす症状のことです。スポーツ選手やランナー、重労働を行う方など、膝に負担のかかる活動をしている人がなりやすい症状です。この症状は成長痛とは関係なく、成人した大人にも発生します。 痛みとしては脛骨粗面部ではなく、膝蓋靭帯部に現れるのが特徴です。 また、成長期の段階で膝蓋骨腱炎が発症する原因として、ジャンプを繰り返すような膝の負担が大きい運動を繰り返すこと、筋力不足、身体の歪みなどが考えられます。整体院では、痛みを軽減する施術や、運動療法を指導することで、炎症の治癒を促進し、痛みを改善することを目的とした施術を行います。また、患者さんのライフスタイルや運動方法を見直し、改善点を指導します。 言い換えると、膝蓋骨腱炎は、予防方法がある症状でもあります。基本的なことですが、疲れが溜まっている場合は、無理な運動をしないようにしましょう。整体院では、経験豊富な施術者が適切な施術を行うことで、膝蓋骨腱炎を予防しながら、快適な生活を送るお手伝いをしています。

    運動やストレッチでの改善方法

    整体院は、身体の不調や痛みを改善するための施術を行っています。運動やストレッチも、身体の改善に効果的です。姿勢が悪いと、腰痛や肩こり、頭痛などが起こりやすくなりますが、日常生活でのストレッチや運動によって、姿勢を改善することができます。整体院での施術と合わせて、運動やストレッチを取り入れることで、身体の状態を改善することができます。また、ストレッチなどの運動は、身体の柔軟性を向上させることもできます。筋肉が硬くなると、身体の不調が起こりやすくなりますが、ストレッチによって筋肉をほぐすことができます。ただし、痛みが出ている場合は、ストレッチが逆効果となり、痛みが増すこともあります。そのため、運動やストレッチは、日々の生活に適切に取り入れることで、身体を健康に保つことができると言えます。また、整体院での施術と併用して、運動やストレッチを取り入れることで、より効果的な身体改善が期待できます。

    予防について

    整体院では、症状が現れてからの施術だけでなく、症状が発生しないような予防対策も行っています。日々の生活の中で、姿勢や運動不足による筋肉の硬さや歪み、ストレスによる身体への影響などが蓄積されていきます。これらの原因を早期に発見し、改善することで、症状を予防できる可能性が高まります。当院では、身体の歪みや筋肉の硬さを改善するためのストレッチや関節調整を提供し、生活習慣の改善にも力を入れています。また、定期的な整体施術により、身体のバランスを整え、痛みが発生しにくい体を作ることも大切です。症状が発生してから施術するよりも、予防をして症状が現れないようにすることが、身体を健康な状態に保つための最良の方法であると考えています。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。