フカマ施療院

手根管症候群の症状と手のしびれを整体で改善する方法

お問い合わせはこちら

手根管症候群の症状と手のしびれを整体で改善する方法

手根管症候群の症状と手のしびれを整体で改善する方法

2023/12/23

手根管症候群とは、手首の内側にある骨の間にある手根管が圧迫されることで起こる症状です。手のしびれや痺れ、手首の痛みなどが現れることがあります。整体を活用することで、手首の関節位置を調節したり手の筋肉をほぐすことができ、手根管症候群の症状を改善まで導くことができます。今回は、手根管症候群の症状と整体で改善する方法について紹介していきます。

目次

    手根管症候群とは?

    手根管症候群とは、手首の内側にある手根管内を通る神経である正中神経という神経が圧迫されることによって起こる病気です。手根管症候群になると、手のひらのしびれや痛み、指のはれや動きの制限が起こります。また、手首を庇うなどして腕や肩に負担が掛かり、副次的に痛みが出ることがあります。手根管症候群は、パソコンなどを使ったデスクワークなど、同じ動作を繰り返す作業や、手首を長時間曲げたまま寝るなどの負担をかけることなどが原因となることが多いです。

    手根管症候群の症状とは?

    手根管症候群は、手首の内側にある手根管内で神経や血管が圧迫されることによって起こる病気です。症状は、しびれや痛み、手の平や指先の感覚が鈍ったり、はれたりすることがあります。また、手首の痛みや力が入らないなどもあります。日常生活や仕事などで指先を使った細かい作業や、携帯電話やパソコンなど、手の使い過ぎにより、手首の負担が増えると手根管症候群の発症リスクが高まります。特に、正中神経部分の圧迫症状は著明で、中指を中心に痛みやしびれが生じます。早期に適切な対処をすることで、症状の進行を防ぎ、正常な状態に戻すことができます。

    整体で手根管症候群を改善する方法とは?

    手根管症候群は、手首周辺の痛みやしびれ、力の低下などの症状を引き起こす疾患です。整体での手根管症候群の改善法としては、手首周辺の筋肉をほぐして血流を改善したり、手首の関節位置を整えます。 具体的な施術としては、手の平や指の付け根などから腕にかけての筋肉をマッサージしたり、手首の関節のアライメントを整える関節矯正を行います。また、背骨の関節を調整することで、対応する末梢神経の改善を促し、腕神経の圧迫を緩和することも有効です。 施術後は、日常生活でもアイシングやストレッチなどのリハビリテーションを行い、再発を予防することも重要です。手根管症候群の改善には時間がかかる場合がほとんどですが、患部の痛みやしびれが取れていく過程を感じられることで、施術の効果を実感することができます。

    手のしびれは背骨の歪みも原因?

    手のしびれや肩こりや首の疲れなどは、腕神経叢の出口である、下位頸椎と上位胸椎の歪みが原因の一つとなることがあります。これを改善するには、いくら手首の周りをケアしたところで症状は改善しないため、脊椎の矯正施術を受ける必要があります。歪んでしまった関節は、自ら整えることは難しいため、専門家に相談して、外部から矯正してもらう方法が一番です。また、日常でもできるセルフケアも大切です。背骨の歪みを避けるためにも、まずは正しい姿勢を保つことが大切です。椅子に座るときは、背筋を伸ばし、背中をフラットに保ちましょう。また、毎日のストレッチや運動で肩甲骨回りの筋肉を収縮させることも効果的ですし、症状が軽い場合は手首を伸ばすストレッチを行うこともおすすめです。手を壁などについた状態で指を開き、手のひらを反らして伸ばすと、手根管部に関係する筋肉が伸ばせる効果があります。

    整体を受ける際に注意したいこと

    整体を受ける際には、いくつか注意したいポイントがあります。まずは、身体的な不調を抱えている場合は、病院で主治医の相談を受けた方が良いでしょう。病院と併用して整体へ通いたい時は、必ず医師の許可を得てから行いましょう。 また、整体で施術を受けた後は、なるべくゆったりと休息を取ることをオススメします。マッサージを受けたり、関節調整を受けると、血液循環やリラックス効果があるのはもちろんですが、実際にはお風呂での入浴のように、代謝が上がって疲労しています。そのため、施術後は水分補給を行い、休息が取れるように予定をあけておくと良いでしょう。このような注意点を踏まえ、整体を受ける際に効果的な施術を受けられるようにしましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。